ふみぃ~.何だか虚しい・・・
先日のiPhone SDKのスペシャルイベントで正式版のリリースが6月であると発表されてから,多くのアナリストたちがWWDCの前後でiPhoneがアップデートされると見ているらしく,同じような話はこれまでにもいくつもありました.

今回はBank of Americaのスコット・クレイグ氏の調査報告書によるものです.

 クレイグ氏によると、生産量は当初予想していたよりも大幅に増える見通しだ。Appleは高速版のiPhoneを5月に300万台以上生産し、第3四半期には800万台以上の生産を計画しているという。

 クレイグ氏の当初予想では、iPhoneの生産は2008年通期で800万台と見込んでいた。しかし計画の一部が先延ばしされない限り、これは控えめの予想に見えてきたと同氏は言う。

おそらく発表前となる5月に300万台生産して,次の3ヶ月で800万台ですかぁ.
となると,この4ヶ月の間だけで2008年末までの目標値を上回ってしまいます.

少し前の記事で紹介した話は,のちに明らかな根拠がないということになってましたが,これが本当ならそれ以上ですね.
どっちにしても早いところ日本での発売を発表して欲しいものです.

(via:ITmedia News
Date:2008/04/01(Tue) 07:27:31
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3884-cef0986d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.