ふみぃ~.何だか虚しい・・・
AppleがAperture 2.1をリリース」という記事でお伝えしたようにAperture 2.1ではオープンプラグインアーキテクチャを採用しており,サードパーティー製のプラグインを開発・利用することが可能になっています.

Appleは4月21日,Apertureの機能を拡張するためのプラグインを開発するためのツールであるAperture 2.1 SDKをリリースしたそうです.

 ApertureのSDKは、Apple以外の外部開発者たちがApertureの機能を拡張できるように作られており、この動きによって「Adobe Photoshop Lightroom」との競争は面白みを増す。Adobeは通常版の「Photoshop」向けのプラグインを開発するサードパーティー企業を大量に抱えてはいるが、Lightroomの重要な編集機能については、まだ通常版の域には達していない。とはいえ、たくさんの開発者が読みだし機能、画像処理のプリセット、さらにはジオタグを付加するツールなどでLightroomの機能を拡張している。

既にTiffen,Digital Film Tools,Nik Software,Image Trends,PictureCodeなどがプラグインを提供すると発表されていて,それらのいくつかはこちらからダウンロードすることが可能です.

なお,Aperture 2.1 SDKはApple Developer Connectionからダウンロード出来て,ここには他のSDKもいろいろと並んでいます.
さすがにiPhone SDKほどの反響はないかもしれませんけど,今回発表されたSDKでMac関連の開発者がさらに増えてくれると良いですね.

(via:CNET Japan
Date:2008/04/22(Tue) 21:13:02
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3972-0aea2f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.