ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
クロック数やFSB,グラフィックチップの向上が目立つiMacですが,他の部分でもいろいろと改善が図られています.

PC Watchがその辺りをまとめてくれています.

 背面にあるインターフェースの配置や数は従来モデルとまったく変わらない。無線機能ではIEEE 802.11nがドラフト2.0対応となったことで、対応するアクセスポイントとの接続において理論値ながら最大300Mbpsでの接続が可能となる。またBluetoothの仕様もBluetooth 2.0+EDRから、Bluetooth 2.1+EDRへと更新された。

 今回、システムバスが800MHzから1,066MHzに向上したことをうけて、利用可能なメモリの仕様が変わっている。従来モデルはDDR2 667MHz(PC2-5300)のSO-DIMMを利用することができたが、最新モデルではDDR2 800MHz(PC2-6400)が必要になる。同社製品の場合、モデルチェンジ後も本体名称が同じ(製品番号は当然異なる)なので、ユーザーレベルでの増設や交換を行なう場合は注意を必要とする。Apple StoreでのCTOや専門店、量販店などにおける新規購入なら特に問題は発生しないと思われるが、同社では、サードパーティへも働きかけて、製品への対応状況を明確にするように努めていくという。

Wi-FiとBluetooth,メモリの仕様変更ということですが,特にメモリは従来の規格とは異なるので注意が必要です.
Date:2008/05/01(Thu) 10:39:11
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4021-517693f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。