ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Tigerのころまではrootユーザを有効にしていた記憶があるのですけど,Leopardの時には全てsudoで事が足りていたかも.

Snow Leopardのユーティリティフォルダにはディレクトリユーティリティがないとは思っていたのですが,パスが変わってシステム環境設定からアクセスするようになったみたいです.

実際の方法は以下の通り.


  1. アップルメニューから「システム環境設定」を選択します。

  2. 「表示」メニューから「アカウント」を選択します。

  3. 鍵アイコンをクリックし、管理者アカウントで認証します。

  4. 「ログインオプション」をクリックします。

  5. 右下の「接続」ボタンをクリックします。

  6. 「ディレクトリユーティリティを開く」をクリックします。

  7. 「ディレクトリユーティリティ」ウインドウの鍵アイコンをクリックします。

  8. 管理者アカウント名とパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

  9. 「編集」メニューから「ルートユーザを有効にする」を選択します。

  10. 使用するルートパスワードをパスワードフィールドとその確認用フィールドに入力し、「OK」をクリックします。


ディレクトリユーティリティ本体は/System/Library/CoreServicesの下にあるので,Finderで直接開いてダブルクリックすれば,7.以降の手順だけでOKです.
Date:2009/11/11(Wed) 07:58:27
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4042-0cde14d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.