ふみぃ~.何だか虚しい・・・
この間の記事で,Fortune誌がApple CEO,Steve Jobs氏を“CEO of the decade”に選んだ話をしましたが,それを受けてAppleMattersに載っていた記事です.

内容としては,上記をはじめとして数々の賞賛を受けてきたことを踏まえた上で,彼がどれだけ優れた経営者でも間違いをおかすことがあるとして,その中でも最も大きな過ちを5つ挙げています.

長いので続きは以下で...
1. iPod HiFi
これはまぁ...そうですね.
ホントに売れなかったですし多くの人が頷くでしょう.おそらくJobs氏本人も.
理由としてあげてあるのは,ユーザはあくまでも音楽をリップして収集することに興味があるのであって,それより先の音質がどうだとか,そういったことを重視する人ばかりではないからとしています.
説明の途中でMicrosoftの方のSteve氏の話も出てきたりしてますが...

2. iMovie
この理由としては,動画が次の大きな潮流になるというのは間違ってはいないけれど,動画を編集するのではなくYouTubeのように共有して楽しむ方向に行ってしまったためだとしています.
ただ,ソフト自体の素晴らしさは評価されてます.

3. iTools
そういえばありましたねぇ.
今は.MacあるいはMobileMeになっていますが.
これに関しては,サービス自体よりも有料化したことが問題点として挙げてあって,今では同様のサービスを多くの競合企業が無償で提供しているにもかかわらず,有料化したためにユーザをつなぎ止めておくことが出来なかったと.
ただ,今のMobileMeのサービス内容とAppleが未だにハードウェアで利益を出す企業であることを考えると,クラウドでGoogleのように利益を出す方向へ持って行けるのかどうかは疑問ですけど.

4. G5
今では懐かしいPowerPC G5のことですね.
あの当時からノートを使うことの方が多くなっていましたが,本当にPowerBook G5はいつまで待ったら出るんだろうと思ってましたよ.
結局出ることはなかったわけですが,記事にもラップトップユーザに二級市民のような感覚を味あわせたと書いてあって,今思い返すと正にそんな感じだったなぁ...と思いますね.

5. 初代iPhone
これはちょっと意外な感じがしました.
ただし,販売台数や受け入れられたことに関しては問題はなくて,その性能と価格が問題だとしています.
遅いネットワークに高い料金,さらにデベロッパも閉め出されていて,その品質からすると過大評価されていたと書いてあります.

個人的にはどうですかねぇ.
個別の製品とはいえませんが,一番の失敗は初代のiMacに付いてきたマウスです.
あの饅頭みたいな形のヤツ.
Appleの製品であれほど使いにくいモノもなかった.
丸いせいで使ってるうちにどっちが上だか分かんなくなるし.

で,記事の最後は以下のように結んであります.
“異論は認める.要はSteve Jobsも完璧ではない.しかし,より重要なメッセージは少数の例外を除いてSteveとAppleは上手くやってる.”
Date:2009/11/12(Thu) 08:15:26
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4046-10289614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.