ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
本日付のマイコミジャーナルのOS X ハッキング!のネタになっていたディレクトリが楽しそうだったので.

そのディレクトリとは,知る人ぞ知る...



AllMacIcon112809

これが,その中身を実際にカバーフローで表示したときの様子です.

この状態にするためには,新規Finderウインドウを開いてカバーフローモードに切り替え,“Shift” + “Command” + “G”を押します.
するとディレクトリを指定するダイアログが表示されるので,上の長いパスをコピペしてリターン.

この中にはシステムが利用する様々なアイコンが入っていて,古くはMac OS 9時代のフォルダからUnibodyのMacBook Proのアイコンまで.
歴代のMacたちは,一部の例外を除いて“com.apple”で始まるファイル名が付いています.

単にアイコンを眺めて懐かしむも良し,元ネタにあるようにアイコンデータを編集してカスタマイズするも良しです.

どうでも良いのですが,この中に見たことのないErasingIcon.icnsっていうのがあって,これは何に使われるのか分からない.
Date:2009/11/28(Sat) 15:50:17
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4120-f5027b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
Macin' Blogさんが紹介していたMac OS X内のディレクトリが面白い!! /System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources 中にはシステムが利用する様々なアイコンが入ってマス・・・で、そのディレクトリをカバーフローモードで表示するとこんな
2009/11/28(Sat) 17:26:25 | Blog!NOBON

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。