ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
iPhoneのおかげか,最近特にAR(Augmented Reality;拡張現実)の話はちらほら目にします.
用途が異なりますが,今度はHyper-Reality! これは楽しいかも!

まずは,Microsoftの研究者,Johnny Lee氏のデモから.



このように,頭の動きをディスプレイについているカメラで捕捉して,視点に合わせた画像に変更することで,あたかも映像の対象が実際そこにあるかのような効果を出しています.

で,長くなるのでAppleが申請した特許の内容は下に続きます.
HyperReality1_121709
HyperReality2_121709

原理は上のデモと同じ.
左下にカメラに映った自分のモニタ映像が小さく描かれていて,それに応じて表示内容を変更するってことみたいですね.

これをどのように使うのでしょう?
上の図にはNUMBERSと書いてあるのでiWorkの機能として取り込んで,下の方にはウインドウがたくさん並んでいるので,Finder自体にもこのような表示方法を採用するつもりということなのでしょうか.

実は既に1995年の段階で,Appleは同様の記述に関する特許を申請しているらしく,長期間にわたって,どうやったら操作性を快適にするために有効な使い方が出来るか検討が続いてるのかもしれませんね.

iMacにもMacBook達にも随分前からiSightが内蔵されているので,技術的な問題さえクリアされれば使えるようになるのかな.
実用的かつ楽しめる実装をしてくれることに期待!

(via:Mac Rumors
Date:2009/12/17(Thu) 20:16:21
Apple | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Johnny Lee氏のデモ動画がすごい・・・・・・。
地下室の壁に薄型ディスプレイを設置して、そこに風景の動画を表示させれば、まるで窓からの景色が眺められるような錯覚を起こすかもしれません。
あと、未来の宇宙ステーションに設置すれば、精神的に癒されるかも。
2009/12/18(Fri) 08:49:45 | URL | Name #mQop/nM.[ Edit ]
これ見たときにはビックリしました.
本当に画面の奥にも空間がありそうですよね.
宇宙ステーションはいいアイデアかも.
懐かしさのあまり画面に突っ込まなければ.(爆)
2009/12/18(Fri) 11:09:13 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4216-32799fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。