ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
元ネタには「iPhoneの使用」となっていますが,別に実際の実験でiPhoneが使用されてはいないので,携帯電話一般に当てはまる話です.

South Florida大学のGary Arendash氏らのグループが,アルツハイマー病を発症するように遺伝子を改変したマウスを用いて,長期間にわたり携帯電話の電磁波に晒されることが認知症の発症予防および病理学的変化の改善に有用であるという論文をJournal of Alzheimer's Disease(2008年のIFが5.10)にて発表したそうです.

AlzheimerMouse011010

アルツハイマー病に特徴的な,アミロイドベータの沈着による老人斑の形成など減少させるみたいですし,行動学的評価でも正常対照群と比べて統計学的に有意差のない優れた成績をおさめたそうです.

電磁場に晒されている間は,脳の温度も増加して,神経細胞の活性が上昇,脳血流も増加するとも書いてあります.

一応,認知症の薬物療法はありますが,この結果がヒトにも当てはまるのであれば,非侵襲的で非薬物的な治療が行えるようになるわけで,まさに画期的!

ってことで,Macin' Blog的には「認知症予防にiPhoneを使え!」ですね.
(たとえ,この研究が正しくなくても,iPhoneを使うのは認知症予防に多少なりとも有効な気がしますけどね)

(via:MacDailyNews
Date:2010/01/10(Sun) 08:32:22
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4317-5701c90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。