ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
Appleが米ノースカロライナ州メイデンに建設中のデータセンターを空から眺めた動画が話題になっています.
施設の面積は50万平方フィートと通常のデータセンターの3~5倍の規模だそうです.



これをGoogle Mapsで確認してみても,まだ地図上にはなーんにもありません.


View Larger Map

現在,Appleが米カリフォルニア州ニューアークに持っているデータセンターが109,000平方フィートで,前述した施設は約5倍に相当します.

気になるのはこのデータセンターの目的です.
容易に推測されるように,このデータセンターはAppleが将来展開するであろうクラウドサービスを見越したものではないかと考えられています.

Appleのスタンスとしては本格的なクラウドサービスはまだ先の話だと考えているようですし,具体的にどのようなクラウドサービスを提供するつもりなのかはまだ見えてきませんが,CNET Japanに掲載されているグーグル幹部が将来のクラウドに関して語った話がヒントになるような気がします.

 クラウドコンピューティングにはさまざまな意味があり、この意味は将来変わる可能性もある。ただ、ここに大きなチャンスがあることだけは確かだ。ソフトウェア開発者としては、アプリケーションをローカルで実行するかクラウドで実行するか選択肢ができることになる。ユーザーはアプリケーションが実行されている場所がどこなのか、知る必要がないからだ。


記事では将来的にローカルとサーバがボーダレス化して,アプリケーションから見れば両者をシームレスかつ透過的に使用できるようになると書かれています.

ユーザインターフェースの改良・進歩についてもそうであるように,Appleはクラウドについてもユーザが大きな変化を感じることなくスムーズに移行できるような方法を考えているような気がします.

そのためには,上で書かれているようなローカルとサーバのボーダレス化を進めて行くことが最良で,ネットワークインフラの向上という最後のピースが埋まることが必要条件ではあるものの,クラウド側もローカル側のハードウェアおよびソフトウェアも全て共通のフィロソフィーの元に構築できるAppleの強みを活かしたソリューションが,この場所を拠点として築かれて行くのかもしれませんね.
Date:2010/02/24(Wed) 17:58:30
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4525-9abb9199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。