ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
ウワサによるとAppleがiPadのiBookstoreで販売しようと考えている電子書籍の値段は$12.99~14.99.
一方でハードカバーの書籍の平均価格は$26となっていて,電子版の方がかなり格安です.

NYTimes.comに “Math of Publishing Meets the E-Book” という記事が載っていて,いくつかの出版社の幹部に行ったインタビューに基づいて,ハードカバーの書籍と電子書籍のコストと利益を算出していました.

01ebook_g-popup
(From NYTimes.com

紙やインクといった材料が不要であったり輸送のコストがかからなかったりするため,電子書籍は単価でいうとかなり安上がりに作れることが分かります.

出版社が得る利益を見てみても,$26のハードカバーでは$4.05なのに対して,電子書籍では単価を$12.99にすると$4.56~5.54で,単価を$9.99にしても$3.51~4.26です.
多少の幅はあるにしても,これだけを見ると$9.99で販売してもハードカバーの書籍と比べてそれほど遜色ない利益を手にするように思えます.

ただし,これには注意すべき点があって,現時点では電子書籍は書籍全体の販売において5%以下に過ぎないとか,独立系の書店ではこれらの価格に対抗出来ないとか,高い利益率を上げているペーパーバックと同じように電子書籍の価格を後で下げるとコストを補って新しい作家をサポートすることが難しくなるなどの問題もあるそうです.

現時点では,どのくらいのスケールメリットが働くか予測しきれないのが,損益分岐点を求めるために一番厄介なところでしょうか.

(via:Gizmodo
Date:2010/03/03(Wed) 07:07:59
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4550-ebbf7f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。