ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
Wikipediaの説明を引用すると,「Alto(アルト)は、1973年、ゼロックスのパロアルト研究所 (PARC) でアラン・ケイの要請を受けて3ヶ月足らずで作られたコンピュータ試作機」です.

240px-Xerox_Alto
(From Wikipedia

これを見たApple CEO,Steve Jobs氏が感銘を受けて,後にLisaやMacintoshを開発するきっかけになったのは有名な話.
そのAltoの設計にあたったのがCharles P. Thacker(元ネタとは表記が違うけどチャールズ・サッカー)氏.

一方,チューリング賞というのは,英国の数学者でチューリングマシンで良く知られているAlan Turing氏の名前にちなんで設立され,コンピュータ分野で革新的な功績を残した人物に贈られるもので,ノーベル賞などと並んで世界最高権威の賞の1つ.

で,先のThacker氏が,Altoのハードウェア設計を行った功績を讃えられて,2009年度のチューリング賞を受賞したそうです.
同じくAltoの考想を考えたAlan Kay氏は2003年度のチューリング賞を受賞しています.
Wikipediaのチューリング賞のページを見ても並んでる御歴々は学者さんが多いのですが, Kay氏の他にマウスやハイパーテキストを発明したDouglas Engelbart氏なども受賞しているのでJobs氏にも何とか・・・と思ってみたりしないでもないですが,再発明はしても発明してないからダメですかねぇ.
タブレットPCに関して頑張ったのも,実はThacker氏らしいんですよねぇ.

ちなみに,今よりスリムなWozも出てくるAltoの動画をこちらから見ることが出来ます.(←日本語だしオススメ)

(via:ITmedia News
Date:2010/03/11(Thu) 08:31:55
PC | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4586-39a83203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。