ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
もともとはAppleの見込みで今年中に1,000万台ともいわれていたiPadの販売予測.
アナリストもどう評価すべきか意見が分かれていて,様々な数字が出されています.
それらのうちいくつかをまとめている記事がITmedia Newsに掲載されていました.

Apple:2010年のうちに1,000万台
Rapid Repair:最初の一年で100万~500万台
Broadpoint:2010年に220万台→400万台に引き上げ


ちなみに,生産の方は4月には100万台/月ペースに引き上げられるといわれています.

この記事の一番のポイントは思ったよりもiPadは売れるかもしれないとアナリストが判断するに至った理由.

iPadに否定的な人の大半は、まだ同製品に直接触れる機会を得ていないということを指摘しておく。以前にも述べたように、われわれは15分使ってみて夢中になった」と同氏は続けている。「われわれの見解では、このデバイスのキモはメディア・コンテンツ(電子書籍、新聞・雑誌、アプリ・ゲーム、映画・テレビ番組など)にある。本質的に継続して収益をもたらすものだと確信している


記事にはこのように書かれていて,以前紹介したアンケートでも発売後4~6ヶ月後に購入するとした人が最も多かったように,直接操作してみることと,アーリーアダプターの評価待ちの部分があるのだと思います.
ですが,「キモ」と書かれている後半部分の方がもっと重要で,上に書いてあるコンテンツのうちアプリやゲーム,映画などは既にiTunes Storeで販売されていて,しっかりと実績をあげているという事実があります.

しかも,iPhoneやiPod touchユーザはオンラインでの消費に積極的だということもいろんなサーベイで分かっていることなので,iPadもこれらのデバイスが形成した既存のエコシステムにすんなり馴染んでいくのではないかと考えられます.

結論としては,iPadが発表される前から既にいわれていたことになってしまいましたが,おそらくiPadはかなり売れるのではないかと...
いや,売れてくれないかなぁ・・・

最後に,TechCrunchが思い描く未来予想図によると,「2010年にいきなり飛びつく人が300万~500万はいる」そうです.そして歴史が作られると・・・
Date:2010/03/12(Fri) 08:58:21
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4591-bc7f3f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。