ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
分解の次はこれですよね,いつも.
iSuppliが先日発売開始になったiPadのWiFiモデルの部品の価格を算出していました.
以前推測されていたよりは少しコストがかかっているようです.
(以前の推測はこちら→iPadの製造コスト

iPadiSuppliCostTable
(From Ars Technica)

主要な部品コストはこんな感じです.

  • $95 touchscreen display (multitouch is pricey)

  • $26.80 processor built by Samsung

  • $29.50 16GB memory; $59 32GB memory; $118 64GB memory

  • $10.50 aluminum back


これらの部品コストに対して販売価格がどうなのかというと・・・
単純に粗利益率(Gross Margin)だけを考えると16GBモデルが一番お買い得になりますけど,どれも大した差はないみたいで,大雑把には50%の粗利益率になっています.
伝統的にAppleはほとんどのハードウェアで30%の粗利益率になるように価格を設定しているため,発表当初ウワサされた値下げの余地があるという話も十分頷けます.

iPhoneも発売されてから値下がりしたことがありましたけど,あれと同じようにiPadも粗利益率が30%まで値下がりしたとすれば,計算上,販売価格は約370ドルになります.
思った以上に売れなかったり,あるいは逆に販売当初から大ヒットしてスケールメリットが生じることによって,各モデル1万程度の値下げならあり得るということでしょうか.

まぁ,私も含めてNeophiliaな人たちはこの値段でも間違いなく買うんですけどね・・・

(via:BusinessWeek
Date:2010/04/08(Thu) 21:21:36
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4728-1e1aeca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。