ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
新しいMacBook Proのグラフィックス自動切り替えとは,Core i5/i7に統合されたIntel HD GraphicsとディスクリートGPUのNVIDIA GeForce GT 330Mを,負荷に応じてユーザの知らないところでひっそりと選んで使ってくれる機能です.

これは同様の機能を提供するNVIDIAのOptimus Technologyを利用しているわけではなく,Apple独自の技術によって実現されているという話になっていて,実際のところどういう仕組なのかを推測している記載を見かけたので簡単に.

 アップルの説明によれば、同社の技術ではCore i5/7内蔵GPU(内蔵GPU)への電源供給を完全にカットできるという。一方OptimusではディスクリートGPUの使用時でも最小限ではあるが、内蔵GPU部分に電源は供給されている。それは技術情報にもあるように、内蔵GPU側がディスプレイコントローラとして機能しているためだ。上記のテスト結果と内蔵GPUへの電源供給を完全にカットするというアップルの説明を組み合わせると、アップルの技術はディスプレイコントローラとしては常にディスクリートGPU側を使い、こちらに最低限の電源を供給している可能性がある。一切内蔵GPUを使わないディスクリートGPU固定のモードと、双方のGPUとしての機能にはほとんど負荷がかからないはずの自動切り替えモードのアイドル状態でバッテリ消費にはほとんど差がなかったことからの推測だ。これはまたIntel HD Graphicsのみを使用するモードが存在しないことの理由のひとつにもなる。さらに後述するが、Bootcampを使ってWindowsを利用する際にはディスクリートGPUであるGeForce GT 330Mしか利用できないという点も推測の根拠に含まれる。


なーるほど,詳細な機構はともかく大雑把にはこういった仕組みで動いてると考えるとつじつまが合いますね.
やっぱりプロモデルだし,基本はバリバリ頑張る方で!ってことでしょうか.

(via:PC Watch
Date:2010/04/28(Wed) 07:05:01
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4804-25032cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。