ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
別に明確な理由はないのですが,このニュースが流れる前の日からATOKに戻してます.
Google日本語入力には大きな問題があるわけではなくて,平易な文章を書いている時に必要以上に漢字に変換したがったり,たまにモードの切り替えが少し引っかかることがあるくらいです.

そのGoogle日本語入力がオープンソースになったことが発表されました.
まずはChromium OSへの対応を目的としたもので,WindowsでもMac OS XでもUbuntuの限られたバージョン以外のLinuxでもAndroidでも動かないそうです.

また,おそらく一番のキモである辞書もオープンソース化されず,IPAdicと同一のものが使用されています.
その理由は元ネタで詳しく説明されていますが,簡単にいうとGoogleの検索アルゴリズムに関わる情報が含まれているからで,癖はあるものの他のインプットメソッドでは困難だった変換を支えているのは,Googleが検索などを通じて集積した膨大な言葉の情報に他ならないということが改めてうかがい知れます.

冒頭で述べたようにGoogle日本語入力でさえ十分とは言えない状況ですが,一体どのくらいの言葉を集めたら自然なコンテクストに自由に変換できるようになるのか非常に興味深かったりします.
それが分かると,逆算することでヒトの言葉がどのくらいのエレメントに基づいて瞬時に生成されているかが推測できたりもするんでしょうか.

オープンソース化されたことによってどのような変化が生じるかということも気にかかるところで,当面Androidでは動かないのでiPadの対抗機として発売がウワサされているAndroidタブレットにはまだ搭載されそうにありません.
では,元ネタでも言及されていないiPhone OSにポートされるかを考えてみると,サードバーティ製として開発されてた場合は最終的にAppleにリジェクトされる可能性が高そうです.
BSDライセンスなのでAppleが自ら実装することも出来そうですが,Google日本語入力の開発チームに属する工藤拓氏のBlogにはFlash騒動に関して「MeCabがiPhone,OSXに載っていると言うのは止めようと思う」というエントリーがポストされていたりします.

それぞれ目指すところがあってのことなのでいろいろ難しいんだと思いますが,出来ればもう少しiPhone OSの日本語変換も賢くなっていただきたい今日この頃です.
特にiPadを使うと長い文章が打てるようになると思うので,なおさら必要性が増すように思います.

と,この話をきっかけにまとまらないことをいろいろと思い巡らせたわけですが,最後に一番気になっているには,このオープンソースプロジェクトの名称が “Mozc” (モズク)だということで,これも和布蕪と同様に工藤氏の好物なのでしょうか?

(via:Google Japan Blog
Date:2010/05/13(Thu) 16:40:52
Google | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4880-cd2839eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。