ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
少し前の記事で紹介したように,いずれ起こると思われながらも予想以上に早くAppleが時価総額でMicrosoftを上回りました.

時価総額は単に企業を評価する1つの基準にしか過ぎませんが,少なくともその指標においてAppleは米国で(すなわち世界で)一番大きなテクノロジー企業になってしまったわけで,Appleも自らを「モバイルデバイス企業」と呼んでいるように,少し前から起こりつつある「パソコンからモバイルへのパワーバランスのシフト」を象徴するような出来事です.
MicrosoftはAppleやGoogleと違ってその潮流に上手く乗ることが出来ませんでした.

近い将来,市場を支配するのはAppleかGoogleあるいは両社だと見る向きが多いわけですが,ライバルであるなら当然のように両社の間にはかつてないほどの緊張が張り詰めた状態です.

少し前のZDNet Japanに「旧来型企業としてのアップル - エンタープライズトレンドの読み方」という記事が掲載されて,この両社の争いを「オープンとクローズの戦い」とした上で以下のように述べています.

 そう、この構図は、もともとGoogleとMicrosoftの戦いの構図であったはずだ。Microsoftがソフトウェアをベースとして囲い込みを実現していたのに対し、Googleはソフトウェアを無償のサービスとして提供することで、その切り崩しを図っていった。

確かにAppleには昔からクローズド過ぎてオープンネスが不十分であるという指摘は良く見かけて,「オープン vs. クローズド」という視点で両社の関係を捉える記事はたくさんあります.
もとがOSSから起こった企業だったりすると別かもしれませんが,ビジネスである以上は自社のコア技術を開けっ広げにしたりはしないわけで,GoogleもAndroidなどソフトウェアにおいてはオープンですが,同社の利益に直結する検索およびそれに連動する広告に関しては極めてクローズドで,AdSenseの利益配分ですら最近少しだけ明らかにされた程度です.

別にMicrosoftのようにソフトウェアから利益を得ているわけではないのでオープンにしても損をするわけではなく,オープンであることに惹かれて利用者が増えれば広告を通じて間接的にGoogleが儲かっているわけです.
利益を上げるところが異なるだけで,検索・広告市場における圧倒的なシェアとネームバリューを最大限活用して,別の市場へとその支配力を広げていくやり方はある意味Microsoft的に見えなくもありません.

もっとも,AppleにしてもGoogleにしても市場を支配するという行為自体がMicrosoft的に見えるのかもしれませんけど...

そもそもオープンであることってどうなのでしょうか.
ユーザから見ればGoogleがバックについているのでそれなりにしっかりしたものが出来ると期待はできますし,多くのハードウェアメーカーからたくさんの選択肢が出されるわけですし,アプリや音楽などの資産を共有できたりもするのでメリットが多いのは分かるのですけど,作ってるメーカーからすると簡単にコモディティ化して差別化するのが困難になりWindowsのエコシステムと同じように薄利多売の状態に苦しむことが目にみえているような気がします.

それでも乗らないとヤバいと思わせるだけの存在感がGoogleにあるから乗らざるを得ないんでしょうか.
そういう意味ではGoogleは上手くハードウェアメーカーを囲い込んでいるように思えます.
さらにその延長上にあるユーザも.

元ネタにはビジネスモデルの革新によってGoogleがMicrosoftの牙城を崩すことが出来たという話も書かれていて,Appleはそれに対してユーザエクスペリエンスで対抗しようとしているとあるのですが,モノの流れ方を変えるという意味ではAppleのビジネスモデルの方がよりラディカルで,旧来の価値観ではそれに対応できないためにものすごい抵抗にあっているというのが現状のような気がします.

まぁ,一番ネックになっているのはコンテンツホルダへの顧客情報の提供という部分なので,AppleもGoogle EditionsのようにStore in Storeを認めた上で顧客情報を提供するぐらいのジェネロシティがあっても良いのではないかと思ってみたりもします.
アプリにしても電子書籍にしても,コンテンツなくしてストアは成り立ちませんから.

そのうち世の中はユーザのあらゆる情報を手にしているGoogleの色に染まるのでしょうか.
それともApple色に染まったりするのでしょうか.
Date:2010/05/28(Fri) 07:09:58
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/4934-e0023f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。