ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
Appleが “Letter from Apple Regarding iPhone 4” と題するコメントを発表し,ここでiPhone 4の受信問題に関するAppleの見解を述べています.

まず受信感度自体については,iPhone 4だけでなくこれまでのiPhoneや他の携帯電話においても持ち方によって減弱することがあると書かれていて,これまで通り持ち方やケースに入れての使用を勧めるということのようです.

Upon investigation, we were stunned to find that the formula we use to calculate how many bars of signal strength to display is totally wrong. Our formula, in many instances, mistakenly displays 2 more bars than it should for a given signal strength. For example, we sometimes display 4 bars when we should be displaying as few as 2 bars. Users observing a drop of several bars when they grip their iPhone in a certain way are most likely in an area with very weak signal strength, but they don’t know it because we are erroneously displaying 4 or 5 bars. Their big drop in bars is because their high bars were never real in the first place.

その上で,調査の結果からシグナル強度を示すバーの表示を計算するプログラムに誤りがあったことが判明し,具体的にはAppleの計算式によると多くの場合でバーが2本多く表示されてしまうとしており,これによって電波の弱いエリアにいる時に持ち方によっては急激なバーの減少が認められるとしています.

これを修正するためにAT&Tが最近推奨している計算式を採用し,1本目から3本目までのバーを少し高くすることで見やすいようにも変更すると述べています.

このバグはオリジナルのiPhoneから存在したものであり,Appleが行う対処としては今後数週間のうちにiPhone 3G/3GSでも利用可能なアップデートを提供するとしています(オリジナルは?).

また,製品に満足いただけなかった場合には購入日から30日以内で損傷がない状態なら返品・返金にも応じるそうです.
Appleの発表したことは以上ですが,これまでの経緯を見てもそれほど単純な話ではなさそうなのでコメントの内容を整理してみてみると,ハードウェア的な問題とソフトウェア的な問題に分けられます.

まず,ソフトウェア的な問題についてはAppleの発表にもあるアンテナのバーが見かけ上多いことについてはこれまでも指摘されていて,他の携帯と比べるとiPhoneのバーの数は概して多かったそうですが,今までは感度自体が悪かったために相殺されて分からなかった可能性があります.

というか,このことがあるために独自の計算式を採用していたのかもしれませんが,独自のものを用いていた理由については今回の発表にも書かれていません.
このことに関してはDaring Fireballの記事が興味深いというか辛辣というか・・・

もう1つのハードウェア的な問題についてはiPhone 4の発表時からアンテナの感度に問題が生じる可能性があることを専門家が指摘していたことが知られていますし,実際に先日書いたメモの記事でも左下の黒い線状部分を覆うようにして持つとデータの転送スピードが減少することも明らかになっています.

そもそもこちらの方が本質的な問題なので,その意味ではAppleのコメントは本質的な問題点について何も立場を変えていないともいえます.
この部分に関する反応はGigaOMにまとめてあるものにもいくつか触れてあるので参考に.

アンテナの位置に関しては頭部への電磁波の影響を最小限にするために本体下部に配置することが一般的に行われているそうなので,持つ時に影響が生じるのはiPhone 4のみにいえることではなさそうですが,iPhone 4では筐体側面をアンテナとして使っていることでその影響が問題になるほど大きくなるのか,それとも許容範囲内なのかということでしょうか.

このデザインは満を持して出してきたものですしコストを考えても今後もリコールになる可能性は少なそうで,これまでにもリコールまでしなくても該当部分を電気的に遮断する対処を施すだけでハードウェア的な問題は改善するという指摘もあります.

これだけで満足できるかどうかは,ケースの使用の有無や普段使っている場所の電波状況によっても変わってくるので一般的にはいえませんけど,どうしても満足できなければ今回発表された返品・返金に応じてもらい,何とか許容できる程度であればバンパーなどのケースを使用することで対処するのが現実的なところでしょうか.
Date:2010/07/04(Sun) 05:43:35
iPod/iPhone | Edit | Comment:4 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
訴訟については?
わかりやすい解説ありがとうございます。
起こされている訴訟は、どう考えるべきでしょうか。
日本でも同じことがおこる???
2010/07/04(Sun) 07:22:31 | URL | 野村真哉 #-[ Edit ]
訴訟に関しては詳しく読んでいないこともあって触れなかったのですが,これまでのケースだといくらかの賠償金を払うなどという可能性はあるかもしれません.

ただ,30日以内なら返品に応じるとなっているのは訴訟に対する対応策の1つなのかと感じました.
2010/07/04(Sun) 07:32:33 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
アップルは、iPhone 2.1アップデートで、「3G信号強度表示の正確性の向上」という修正をしています。
この時は、電波が弱いという苦情に対して、正しく(多めに)アンテナが表示されるという修正でした。
そのときに、電波強度とアンテナ表示の関係は見直されているはずで、いまさらプログラムに誤りがあって2本多く表示される、なんてのはどう考えても変です。
2.1での修正を元に戻すだけなのかもしれません。
なんか、行き当たりばったりな対応に思えてしかたありません...。
2010/07/04(Sun) 09:45:25 | URL | しゅん爺 #-[ Edit ]
なるほど.その辺のことなのでしょうか.
信号強度の表示に関して自分で自分の首を絞めたという記載をしてるところもありました.

それと書き忘れたのですが,iOS 4にアップデートするとiPhone 3GSでも急激な減衰が見られるという話もありました.
もっともこれがバーの表示のせいなのか,シグナルのノイズ処理によるものなのか,その先の原因は諸説あるようです.
2010/07/04(Sun) 11:10:48 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5098-321b4372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。