ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
興味深かったので紹介しようと思いながらも機を逸してしまったAppceleratorのモバイルデベロッパに関する調査の話を踏まえて,AppStoreHQiPhone Developers Directoryのデータを元にiOSデベロッパとAndroidデベロッパ,それと両者にアプリを提供しているクロスプラットフォームデベロッパの内訳を公開していました.

最初にAppceleratorの調査結果を簡単に書いておくと,デベロッパが興味を持っているプラットフォームはiPhoneとiPadの90%,84%を筆頭にAndroid PhoneとAndroid Tabletの81%,62%が続いています.
現時点ではiPhone/iPadの支持は圧倒的なものの将来性ではAndroidが54%に対してiOSは40%と若干下回っているという結果.

そして,AppStoreHQの調査結果がこちら.

iOSAndroidDeveloper070610
(From AppStoreHQ)

実数でいうとiOSデバイスのデベロッパは43,185とAndroidの10,199に対して約4倍.
しかし,それらのうちクロスプラットフォームのデベロッパ数は1,412とiOSデベロッパの3.3%程度しかいません.
以前の記事で対象OSをこの2つに限定しない場合,マルチプラットフォームの開発を行っているのが全体の10%という話だったので,今回の調査結果はそれよりもかなり少ない数字です.

ただし,有名どころの多くがiOSとAndroidの両方にアプリを提供していることもあり,将来的にはポートのノウハウが蓄積され困難さが解消されていけばこの数はもっと増えるだろうと結論づけています.

NokiaがiPhoneに対抗するためにSymbianではなくMeeGoを採用したという話もありましたが,当面はiOSとAndroidを極にして両者の交わる部分が増えていくという傾向が続くのでしょうか.

(via:Engadget
Date:2010/07/06(Tue) 06:18:04
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5106-6220fd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。