ふみぃ~.何だか虚しい・・・
PLANet blogさんからトラックバックで教えていただきました.
Apple CEOのSteve Jobs氏が2005年6月12日にStanford大学の卒業生に向けて話した祝辞の日本語訳を掲載されています.
また,iTunesでも聞けるようにAACとMP3フォーマットのファイルもダウンロードできますので,実際に声が聞きたい人はこちらもどうぞ.

Stanford大学でスピーチをしたことは知っていて,タイトルの“Stay hungry, stay foolish”っていう言葉もネットで見かけていたのですが,詳しい内容は知りませんでした.
日本語訳を読ませていただいたあと,Stanford大学のホームページで原文とビデオを拝見しました.

Jobs' Speech

Jobs氏は,いつもの基調講演の時も素敵な話し方をされますが,こういうフォーマルな場面でも聴衆の興味を引きながら素晴らしい話をされることに驚き,感動しました.
基調講演と違ってジョークは控えめでしたが,十分ウィットに富んでおりStanford大学の卒業生も大きな歓声を上げていました.

内容はPLANet blogさんのところを見ていただければ分かると思いますが,3つの話からなっています.

一つめは“You have to trust that the dots will somehow connect in your future.”

生い立ちから大学進学,そして退学してカリグラフィ(飾り文字)を学んだこと,Macintoshを創るまで,かなり個人的なことも含めて人生のいろんな節目で訪れる“点”が繋がっていくことについて話しています.
Jobs氏がカリグラフィを学んだことは知りませんでしたが,そういった経験がMacintoshの,あるいはiPodのモノとしての素晴らしさの根底にあるのではないかと思いました.

二つめは“You've got to find what you love.”

Steve Wozniak氏と一緒にMacintoshを創り,Appleを追い出され,PixarとNeXTを起こして最終的にはAppleのCEOとして,復活を遂げる話です.
Jobs氏自身もズタズタになったといわれていますが,かなりヘビーな出来事ですよね.
でも,自分の信念に従って行動し続ければいつかは報われるってことです.
実際,一度放逐された会社に復帰し,これだけの成果を上げることは極めて驚異的なことだと思います.

三つめは“Stay Hungry. Stay Foolish.”

死に関する話から最終的には若い頃にバイブルとして読んだ雑誌の最終号に書かれた言葉を引用し,卒業生へのはなむけの言葉としています.
1年ちょっと前に膵臓癌と診断され,最終的には特殊なタイプであったため手術によって治療することが可能でしたが,検査の途中までは死を覚悟したといっています.
結果的にislet cell tumorという良性のことが多い腫瘍であったため(一般的な膵癌はadenocarcinomaで極めて予後不良),家族へのお別れはしなくても良かったわけですが,生きて行く以上,常に死と隣り合わせであり,いつ死んでも後悔しないような人生を送りなさいと.
そうするために,自身が若い頃心に残った言葉をはなむけに捧げています.

ホントに良い話なので興味のある方は是非読んでみて下さい.
こういう人がMacintoshやiPodを創ってるんだなぁって感慨に浸れるかもしれません.
Date:2005/07/31(Sun) 01:53:24
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/526-ea2e1f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.