ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
数ヶ月前にAmazonが発表した電子書籍市場における同社のシェアは70~80%といわれていたので,わずかな残りをAppleやBarnes & Noble,Koboなどが分け合っていることになります.

そのデータとは違いますが,ミステリー作家のJ.A. Konrath氏が自分の電子書籍がどこからどれだけ売れたかをA Newbie's Guide to Publishingで公開していて,それをグラフにしたものがこちら.

eBookShare20100927
(From GigaOM)

AmazonのKindleは実に75.4%もの割合を占めています.
Appleからの販売を実数でいうと,iPadからの販売が2010年5月から8月までで390,iTunesからの販売が2010年1月から7月までで508なので,両方を合計すると898になり,総販売数の103,864で割ると0.86%になります.
ただし,2004年から販売されている書籍を合算したもので集計期間もまちまちですし,一人の作家の場合であることを考慮する必要があるので,これらの数字は参考程度に考えておくべきかもしれません.

それにしても元ネタで指摘してある出版社経由での販売比率の方はかなり興味深くて,集計期間は一番長いのに全体の21.0%しかありません.
それに比べて,AmazonのKindleから自己出版したものは2009年4月から2010年9月20までだけで全体の75.4%を占めるに至っています.

この市場でAppleがまだまだ十分な存在感を示せていないだけでなく,電子化に伴って出版社の存在感もかなり希薄化してきているということなのでしょうか.

(via:GigaOM
Date:2010/09/27(Mon) 15:26:13
iPad | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
このグラフを見るにつけ、「電子書籍端末でiPadに対抗!」的な事を言ってる日本のメーカーは本当に大丈夫か⁈と思いますね。。。
2010/09/28(Tue) 13:02:32 | URL | eiziron #-[ Edit ]
むしろ盛り上げる姿勢の方が大事なんじゃないかと思います.
このまま元年詐欺が続くよりも・・・
2010/10/01(Fri) 05:13:19 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5514-e5852b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。