ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
この記事でも書いた新しいMacBook Airのトラブルのうちカーネルパニックが頻発する件について,Ars Technicaに多少の記載があったのでご紹介.

Finally, we have to note that we experienced two kernel panics during our battery testing. In both cases, it appears as if the kernel panic was triggered by putting the machine into standby mode when the battery was close to running out. Both times the machine appeared unresponsive after opening, and the display wouldn't come on. Pressing the power button to boot the machine didn't work; instead, we had to hold down the power button to power the machine off first, and then power it back on (this is a case where some sort of independent battery indicator would have helped figure out what was happening).

We discussed the issue with Apple, and provided them with crash logs, though at press time the company was unable to determine the exact cause of the problem. To our knowledge, no other reviewers have noted similar issues, and Apple said that our report was the first to detail such a problem. However, Cult of Mac noted over the weekend that at least one staffer has experienced kernel panics with a new MacBook Air.

元ネタはこちらの記事と同じで,バッテリテストを行っている際に2回ほどカーネルパニックを経験したらしく,いずれもバッテリが少なくなった状態でスタンバイモードへの移行を契機に発生したそうです.
電源ボタンを押しただけでは起動せず,一度電源ボタンを長押しして強制終了した後に改めて電源ボタンを押す必要があるのはカーネルパニックを起こした時には良くあることですね.
この件についてクラッシュログをもとにAppleとも話し合ったものの,執筆時点では原因の特定には至っていなかったそうです.

Ars Technicaでは画面表示が乱れる問題には遭遇していないと書いてありますし,カーネルパニックの頻発の方が報告例は少なそうなので,これはこれで別の原因によって起こってるんでしょうか.

バッテリが少なくなった時というのがパワーマネージメントに関連してそうですけど,こちらもロジックボード交換とかではなくソフトウェア的な修正で対応できると良いのですが.
Date:2010/11/06(Sat) 00:48:29
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5693-6528a477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。