ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
少し前の記事で紹介した,AppleがJava for Mac OS X 10.6 Update 3をもってJavaアップデートを終了すると発表した話の続きで,Appleから提供される代わりにこれまでの技術の蓄積をオープンソースデベロッパが利用できるよう,IBMなども参加を表明したOpenJDKで新しくMac OS X用のプロジェクトを立ち上げることを発表していました.

2010年11月12日、カリフォルニア州レッドウッド・ショアーズおよびクパティーノ、OracleとApple®は本日、OpenJDK project for Mac OS® Xを発表しました。Appleは、32ビットおよび64ビットHotSpotベースのJava仮想マシン、クラスライブラリ、ネットワーキングスタックそして新しいグラフィカルクライアントのためのファウンデーションを含む、Mac OS XにJava SE 7を実装するために必要なほとんどの主要コンポーネント、ツールおよびテクノロジーを提供します。OpenJDKにより、AppleのJavaテクノロジーをオープンソースデベロッパが利用できるようになるため、彼らがこのプロジェクトにアクセスして貢献できるようになります。

これによってMac OS X向けのJava SE 7とその先のバージョンのJavaはOracleが提供することになり,Java SE 6のMac OS X Snow Leopard版およびMac OS X Lion版は今後も提供されることが確認されたそうです.
先日の話がデベロッパ向けの情報とはいえ,今回の発表と同時だったらいろいろな憶測が飛び交ったりはしなかったかもしれませんけど,最近のJavaコミュニティの中でもかなり存在感があるといわれているMac OS Xが今後も使われ続けることがはっきりしたのでひとまず安心.

結局,Flashのように中間レイヤー云々が問題なのではないかと推測されていたのとは違い,Appleの負担を減らして出来るだけ新しくセキュリティの高いJavaを提供できる環境を整えるためだったということでしょうか.
Date:2010/11/13(Sat) 01:38:32
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5726-4937516c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。