ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
少し前にも概算で部品コストを出している記事を紹介しましたが,今回はいつものiSuppliが分解結果をもとに算出したものです.
最初はElectronistaで見かけたんですけど,9to5Macにはそれを集計したテーブルが載っていました.

iPhone4SPartsCost
(From 9to5Mac)

16GBが$188,32GBが$207,64GBが$245で,これに製造コストを加えるとプラス$8.
これによるAppleの収入はというと,縛りありだとキャリアが報奨金を支払っていてトータルではUnlocked版のiPhone 4Sの販売価格とほぼ同額になると言われています.
その金額は,16GBが$649,32GBが$749,64GBが$849ですから$461~604程度の利益を1台のiPhone 4Sで得ることになります.
もっとも,近頃では利益が増えすぎてR&Dの比率が下がってきたと言われているものの,中に入っているOSを始めとしてソフトウェアやサービスも併せて提供しているので,ぜーんぶ合算すると利益はそれほど大きいものではないのかもしれません.

Samsungがトータルのスマートフォン出荷台数でAppleを抜いたというもありますけど,利益で言ったらまだまだAppleの強さは健在といったところでしょうか.

ちなみに,これまでに販売されたiPhoneのローエンドモデルの部品コストは,iPhone,iPhone 3G,iPhone 3GS,iPhone 4,iPhone 4Sの順に$218,$166,$179,$188,$188 となっていて,グラフにするとこんな感じです.

iPhoneBOM

初代が一番コストがかかっていて,そのあとはほぼ同じ水準で少し増加傾向.
こういったところのバランスを取るのも上手いですねぇ.

(via:9to5Mac
Date:2011/10/22(Sat) 04:58:05
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/5994-7e75c3d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。