ふみぃ~.何だか虚しい・・・
なんだか,もう一つのマックの話みたいですが...w
これも,Intel Switchの恩恵の一つなのではないかと思ったりします.

Apple Insiderに,Massachusetts Institute of Technology(MIT)の$100ラップトップ計画の話が掲載されていました.

この計画は,MITが発展途上国の何百万人もの学生に$100のラップトップコンピュータを配布しようというものなのですが,これに政府やAppleなどのコンピュータ企業が興味を示しているそうです.
ブラジルやタイをはじめとした20ぐらいの国を対象にしているほか,Massachusetts州では,同州の中高生がそれぞれ1つのラップトップコンピュータを持てるように5400万ドルの予算をつけたそうです.

Google,AMD,Red Hat,News Corp.,Brightstar Corp.といった企業も協力していて,One Laptop Per Childという非営利団体にそれそれが,200万ドルも寄付したそうです.
さらに,この計画の代表を務めるNicholas Negroponte氏が伝えるところによると,AppleのCEO,Steve Jobs氏は1億から1億5000万人もの学生のために,Mac OS Xの無償版を提供すると申し出たそうです.

実現してたら,いっぺんに1億人以上のユーザが出来るのですよ.すごいことです.
今回はハードじゃなくてソフトのみの供給なのですが,こういったことが可能なのもIntel Switchによって,より汎用性のあるコンピュータでOSが起動することが大きいのではないかと思うわけです.
さらに,教育市場はもともとAppleが重視しているところであり,将来的への投資という意味合いもありますから,この申し出が通っていれば,大きなメリットになったかもしれませんね.

laptop_mac111505

だけど,こんなのが販売されるんだったら私が欲しい...
Date:2005/11/15(Tue) 14:25:05
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/665-6cd0808d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.