ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Hot Wired Japanに"『Tiger』の新検索ツールは階層ファイル構造を駆逐するか?"という記事が載っていました.

Mac OS XのFinderは個人的に結構気に入ってるんですよね.
たしかにClassicから乗り換えたときには音は出なくなったし,アイコンに色は付けられないし,いろんなものが大きくてかさばるしであんまり印象が良くなかったんだけど,最近は自分なりのカスタマイズを施したうえにOSも改良されて良い感じです.
慣れっていえば慣れなのかもしれないけど...

そういえばアイコンの色はPantherから(でしたっけ?)戻ったんだけど,TigerになってFinderの操作で音が出るようになってません?
前からありましたっけ?

んで,Finderってどうなの?って考えたときに結局はファイル・ビュアーなわけで,納めたところに納めたファイルがちゃんとあってみたいなのが一番大事.
でも,私を含めてみんなそれが良く分かんなくなっちゃうから困ってしまうわけです.
Mac OSにしてもWindowsにしてもLinuxにしても現在のファイル・ビュアーはマニュアルで設定したカテゴリがあって(自分で作ったフォルダとかディレクトリね),階層の深さっていう軸というか次元はあるけど結局はカテゴリによって直線的に管理してます.
これについてはGUIだろうがCUIだろうが基本的には同じ.
ディレクトリを掘り続けて間違ってたら元に戻るか,根っこ(ルートだったりエイリアスだったり)からやり直しになるっていう感じだから,今いるところからいっぺんに斜め向こうを除けない仕組みになってる.
隣なら何とか大丈夫だけどね.
これはこれで直感的だし,整理上手なヒトなら何にも困らないから階層ファイル構造はなくならない,と思う...

もっとも,この記事を書いたヒトもそれが本当になくなると思ってる訳じゃなくて,新しい見せ方ってのはどうあるべきかっていうのがポイントだったりするんですよね.
実際,ものすごい数のファイルがあったとしてそれをどうやって並べられたら分かりやすいかって話なんだけど,内容ってカテゴリはやっぱり外せないし,チョー整理法とか読んでるヒトはやっぱ時間でしょってことになる.
分類するための軸に何を取るのがよいかはちょっぴり個人差があったりするし,それ自体はSpotlightを使って検索可能なものであれば変えることが出来るわけだから好みに合わせて使ってもらうことにして,いかにそれを見せるかっていうビジュアル化が意外と難しかったりします.
デスクトップ自体は2次元だし,そこに擬似的な3次元空間を作れないこともないけど,それだと自分に必要なファイルをクリックするのも結構大変ですし,次元がもっと増えたらもっと大変になってしまいます.

まぁ,いろんなソリューションがあると思いますが,簡単に思いつくところでは縦軸に一番メインのパラメータがあって,横軸は切り替え可能になってるとか.
横軸を切り替えるときにはKeynoteのCubeみたいに,グリンって回ったりする仕組みをつけて,それぞれの軸のスケールを自由に伸縮可能にすればたくさんのファイルがあっても自分の探してるファイルを拡大して見つけることが出来るようにするわけ.
エクセルみたいなマス目とかはなしで,それぞれのファイルが平面にマップされてるだけですから,似たような属性を持ってるファイルがたくさんあると拡大しなきゃごちゃごちゃして分からない.
ちょうど,自分のお気に入りの緯度と経度を定義した地図を見ながら,虫眼鏡をもってものを探すようなイメージかなぁ.
これだと軸の取り方によっては,今までは全く別のディレクトリに存在していたファイル同士が隣にあったりもします.

拡大と縮小や地図上の移動もマウスですべてコントロールできるようにボタンを割り当てないといけないから,今の1つボタンマウスでは厳しいかもしれません.
パラメータの取り方を工夫すればより短時間で目的のものにたどり着けるし,検索する機能の次にはきっと自動でサマライズする機能がついて,あなたに最適なカテゴリはこんな感じですよみたいな提案をしてくれる.
これがFinderが進むべき方向かどうかは分かりませんけど,そんなファイル・ビュアーだったらちょっと楽しいと思いません?
Date:2005/06/13(Mon) 23:21:06
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/78-fd0e31a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.