ふみぃ~.何だか虚しい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告 | Edit |
まだ,Yonah搭載のIntel Macさえでてないのに,「鬼が笑う」どころじゃないですが...

PC Watchに将来のIntel CPUに関する記事が掲載されていました.

Yonah(ヨナ)の次のCPUはコードネームで「Merom(メロン)」と呼ばれていますが,上記の記事はそのさらに先の話が書いてあります.
具体的には「Nehalem(ネハーレン)」と「Gilo(ギロ)」というコードネームで呼ばれるCPUの話です.

もともと,IntelのCPU開発のサイクルは4年程度だったらしいのですが,2つのチームで並列的に開発を行うことで短縮をはかってきたようです.
記事にリンクされている開発サイクルの予想図によると,Meromの投入時期が2006年後半で,Nehalemは2008年ごろ,Giloにいたっては2009年終わりごろみたいなので,ずいぶん先の話ですねぇ.
だけど,今後の予定としては約2年おきにアーキテクチャーの変更が行われるわけですよ.

現時点では詳細は分かっていないのですが,これまでの経緯を考えると1つのCPUに内部に数十個のコアを搭載する,“Many-Core”へと発展していくことは容易に推測できます.
また,大型のシングルスレッド性能を重視したコアと,小型のマルチスレッド性能向けのコアの2種類を組み合わせる“heterogeneous”なコアを持つCPUの話もでてきます.

こんなCPUができちゃったらどんなに速いのかと思っちゃいますけど,まぁ何年も先の話ですから...
鬼が腹を抱えないうちにこの辺で...
Date:2005/12/28(Wed) 16:42:40
PC | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/956-9304bb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。